仮面ライダーエグゼイド第1話のネタバレと感想!「I’m a 仮面ライダー!」

スポンサーリンク

聖都大学付属病院で小児科に勤務する宝生永夢は、人の命を助けたいと願い、医者の道を選ぶ。かつて自分自身も医者によって、命を助けられた経験をもっていた。

研修医になり、日々奮闘する永夢は、気持ちばかりが先走りドジを繰り返し、医者なのに怪我ばかりしている毎日・・・そんな中、永夢が担当する患者の颯太の身体に今まで見たことのないウイルスを発見する。

このウイルスこそ衛生省が極秘に扱っていた、バグスターウイルスだということが判明する。衛生省から派遣された明日那は、永夢を颯太の担当から外してしまう。

スポンサーリンク

仮面ライダーエグゼイド I’m a 仮面ライダー!のあらすじと感想

いよいよ始まった仮面ライダーエグゼイド第1話です。

永夢はドジキャラ設定!?

永夢が想像以上のドジキャラというか、ダメキャラ設定ですね。ここまでダメキャラなのは佐藤健がやっていた電王の良太郎以来と言ったところでしょうか。一方で、天才ゲームMとしての時のキャラは、エグゼイドに変身する直前に一瞬出て来たキャラでしょうか。口調が変わりました。ゲームをするときだけ人格が変わるようなキャラなのでしょうか。今後これは明らかになっていくでしょう。

意外に強いレベル1形態、レベル2形態のアクションはけっこう動く

凄い弱いのかと思ったら、レベル1形態は案外動けますね。ミートボールマンみたいなものは簡単に倒せました。レベル2形態はゲームを表現する為の動きのためか、かなりワイヤーアクションを多用して飛びますね。敵もワイヤーアクションで吹っ飛ばしたり、空中で止まって蹴りまくるというまさかのライダーキックでした。個人的にはワイヤーアクションを多用したアクションは結構すきです。

黒幕が予想しにくい構成

事前の情報通りと言いつつ、実際見ると登場組織が多くて、誰が黒幕かかなりわかりにくい構成ですね。

・衛星省と聖都大学附属病院

・幻夢コーポレーション(カメンライダーのシステムを作成)

・バグスター(パラドとグラファイト)

バグスターだけが、悪という設定なのかと言うところですね。人間側にも黒幕がいそうな気がします。仮面ライダーゲンムと幻夢コーポレーションの関係も気になる所です。ライダーシステムを作った会社は怪しいというのは、何となく平成ライダーあるあるな気がします。一方で怪人であるグラファイトが持っている物はガシャコンバグバイザーです。てっきり人間幹部であるパラドの持ち物かと思ったら違ったようです。

その他の雑感

・隠れて特撮マニア達に注目されている仮面ライダーグミのCMはゲーム風になって続投

・永夢が子供だった時代にもらったゲーム機はかつて発売していバンダイのゲーム機ワンダースワンでした

→エグゼイドのヒロイン!松田るか演じるポッピーピポパポ(仮野明日那)って何?

→仮面ライダーエグゼイド!黒いエグゼイド・ゲンム!シャカリキスポーツガジェットとは?

→仮面ライダーエグゼイド!瀬戸利樹演じる、ブレイブ鏡飛彩とは?

→仮面ライダーエグゼイド第2話のネタバレと感想!仮面ライダーブレイブ登場!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ