仮面ライダーエグゼイドに脚本は誰?私の好きな脚本家ベスト3

スポンサーリンク

エグゼイドの脚本のメインライターは高橋悠也である事が判明しました。特撮の脚本家を知っている方の場合は逆に聞き覚えが無い人だと思います。私もそうでした。それに乗じて私が好きな脚本家も書いていきたいと思います。

エグゼイドの脚本家・高橋悠也の過去作品

実は特撮経験は無い脚本家と思いきや、一作品だけありました。仮面ライダードライブのBlurayCollectionの特典の中に「仮面ライダードライブtypeTOKUJO」というものがあり、物語で語られなかった特上課の秘話が語られる話です。これの脚本を書いている方です。

また、これを特撮と呼ぶかという問題もありますが、映画「エイトレンジャー」の脚本も手がけています。

その他の作品は主ドラマや舞台のようです。

2015年のドラマシリーズ金田一少年の事件簿N(neo)は単独で書かれている模様

完全に未知数な人が出て来たという意味で楽しみです。特撮では初の人でも、それまでに大きな代表作がある方が多かったです。

例えば仮面ライダーWで初参加をした三条陸は、ダイの大冒険の原作者と言えば、特撮を見ている子供のお父さん世代であれば誰でも通じるでしょう。

また、フォーゼで初のメインを担当した中嶋かずきは主にクレヨンしんちゃんやグレンラガン、鎧武で登場した虚淵玄はアニメがヒットしたまどかマギカなど。

そういえば、フォーゼが始まるちょっと前にバーで隣にいたおじさんに話しの流れで特撮が好きだ見たいな話をしたら、「次の仮面ライダーは中島かずきがやるんだって!?絶対楽しいよ!!」と言っていたのを思い出しました。

スポンサーリンク

▶︎仮面ライダーエグゼイドのヒロインを大胆予想!

私が好きな脚本家ベスト3

1位.三条陸(獣電戦隊キョウリュウジャー、仮面ライダーW、仮面ライダードライブ)

キョウリュウジャーはとにかく戦隊の面白さという物が出ていて最高でした。彼の場合はヒーローをかっこよく見せるというのを話しにこれでもかと織り込んでくることが特徴です。

王道とも言われますが、造りはかなり老獪で、彼の作品は視聴者を熱くするギミックが多いです。

特撮全く関係ないので恐縮なのですが、ダイの大冒険大好きなんです…

▶︎仮面ライダーエグゼイド!ゲーマドライバー・ガシャコンブレイカー・ライダーガシャットの詳細

2位3位(同率) 小林靖子、井上敏樹(作品多数)

この2人は入れなきゃ行けないと思いつつ、順位を付けるのは難しいので、同率としました。

小林靖子は、特撮と言いつつ話しを重厚にするのが特徴です。タイムレンジャーでは伝説なまでに、重厚な時間旅行ミステリーで子供を置いてけぼりにしました。

一方で近年の作品ではゴーバスターズは、彼女の悪い所が出てしまった感がありつつ、オーズやトッキュウジャーではバランス良く作ってきましたね。逆に、大人しか見ない前提での仮面ライダーアマゾンズは振り切っていて逆に爽快でした。

井上俊樹は平成一期ライダーの立役者と言われるすさまじい方で、平成一期のほとんどの作品に関わっています。

テンポの良さが特徴で、そのせいでキャラが不自然な速度で違う場面にいたりと「井上ワープ」と言われたりしますが、これも彼の良さと裏表という所だったりもします。

▶︎仮面ライダーエグゼイドはダサい?あらすじがネタバレ決定!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ